天使が空から落ちてきた

詞・曲:頭慢

昨日見た夢の中で
僕はあなたをだきしめた
ミルク色の白い服に
ひざまづき顔をうずめた

目を覚ました後で僕は
その余韻を確かめると
まるで忘れてたあなたを
夢に見た事に驚く

あなたのことを思い続けながら
静かに生きていくこともできたのに
それは不思議な偶然のように
天使が空から落ちてきた あの日

自分が天使だったこと
忘れてしまった天使と
僕はとらわれ人のように
枝分かれの道選んだ

昨日見た夢の中に
あなたがあらわれたわけは
選ばなかった未来も
幸せだったからだろう

ひとはなにかを選んで生きてく
取り返しのつかないことに気づかないまま
それは何かのたくらみのように
天使が空から落ちてきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です