時間の流れを語ろうと

作詞・曲:頭慢

時間が流れているだなんて
誰が発明したことだろう
時間が流れているのなら
僕は何かに流されている

時間の流れのその中に
海の波は寄せてるのだろうか
時間の流れのその中で
しましまの魚は生きてるのだろか

時間はいつか点のようになって
この世の終わりがくるのだろうか
終わりの無い輪廻に終わりが来て
そしてたましいは安らぐのだろうか

時間の流れは誰のもの
あなたと僕と猫の時間がある
時間の流れはそれぞれに
自分の時間を生きている

時間の流れをつかまえて
僕は時々シャッターを切る
時間の流れを語ろうと
こうして歌を歌っている

時間はかつて点の中に始まり
宇宙のひろがりは加速をする
心臓の鼓動の数が決められていようと
いつもたましいは宇宙によりそう

時間の流れを語ろうと
こうして歌を歌っている
歌っている僕も流れの中
歌っている僕も流れている
そして歌も流れている
それを聞いてる人も流れている

Fuseな時代

詞・曲:頭慢

歩んできた道はみんな違って
それぞれが別々の世界に生きてきた
同じ世代とか同じジェンダーとか
思い込みの共通に笑ったり泣いたり

・・いやそれでもいいじゃない
そんな時間ならいいんじゃない

大きな丸いテーブルとあかりの入るガラス壁
同じ食べ物を食べながら同じ歌を歌おうよ
Fuseな時間を分かち合えたらいいね
Fuseな時間を分かち合えたらいいね

時代はいつしかみんながオリジナル
ひとりひとりであることをありがたがるの
そのくせ自分以外が変わることを
同じであれとわがままに泣いたり怒ったり

・・まあそれでもいいじゃない
そんな時代でもいいんじゃない

はじめて扉開けた日に笑顔でおかえりなさい
ひさしぶりの友達をいきなり呼び出したくなる
Fuseな時代がきっとそこにあったね
Fuseな時代がきっとそこにあったね

おなじものとちがうものを気持ちの中でこしらえて
憎しみ合い争うしかできないのかな
Fuseな時間を分かち合えたらいいね
Fuseな時間を分かち合えたらいいね

タコライス

詞:頭慢 + 蓮見季人

タコライス タコライス
タコは入ってないタコライス
タコは入ってないタコライス

タコライス タコライス
タコスの具をライスにのせてタコライス
だったら本当はタコスライス

タコスライス タコスライス
タコを切ったらタコスライス
タコの酢の物タコスライス

タコライス タコライス
タコを入れたらタコタコライス
タコを抜いたらタコライス

タコライス タコライス
タコラの椅子はタコライス
タコラというのはくれくれタコラ
なんでも欲しがるくれくれタコラ

選ばなかった未来へ

詞・曲:頭慢

明け方に見た夢の中で あの時さよならをしたあの人が
知らない街で 誰かの後ろ姿を見送っていた

日々はなにかを選ぶことの いつもいつもいつもその繰り返し
そうして選ばなかった世界がまたひとつできあがる

でももしかしたら様々な未来は人の心の奥にあって
いま目の前にひろがる海はただひとつの海かも知れないなんて
それならば息を止めてこの海に心の全てゆだねれば
別の世界に住む僕やあなたと ふと出会えるかも知れないなんて

選ばなかった未来に 今存在している僕よ
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか

あの日からあなたは知らない 僕があなたの知らない誰かと
ふるさとを離れてこんな場所に暮らしていることも

同じように僕は知らない 違う道を選んだ僕が
別の世界のどこかであなたと一緒になっていることも

選ばなかった未来に 今存在している僕よ
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか

きっと世界中の人の心の奥は深い場所でつながってて
僕の全然知らない世界も 時空をこえてつながってて
それならばこころの海の奥をどこまでもたどってゆけば
別の世界に住む僕やあなたとまた出会うかも知れないねなんて

選ばなかった未来の 今日の天気はどうですか
今はめぐりあうことも無いけど また今日も一日 好い日でありますように

選択は決して自分の将来を決めることではなくて
限りない多重世界をまたひとつ生成してゆくこと
その世界に新たな 意思を持って生きるとき
周囲の世界は新たな 意思と共に 生まれる
そして大丈夫あなたが 選ばなかった世界も
ちゃんと存在していてあの子もそこで暮らしているから

選ばなかった未来の 今日の天気はどうですか
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか

カレーをつくる

詞・曲:頭慢

夕飯を食べようと思った
ご飯は炊いてある
ノリタマでもかけて
ご飯を食べるだけでもいいと思った
お皿をテーブルに用意した時
ふとカレーを食べたくなった
カレーを食べたくなった

カレーをつくろうと思った
人参玉ねぎジャガイモは買ってある
ジャガイモは皮をむいて
大きめに切って水につける
玉ねぎと人参を切ったら
玉ねぎの量が多すぎると思った
かまわず鍋をあたため油を引いた

多すぎる玉ねぎをいためた
茶色くなるまで炒めるのが好きだ
たくさんあった玉ねぎがしんなりとして
体積を小さくしていく
夢中になって鍋をかき混ぜてると
ふとお肉が無いと気づいた
肉が無いと気づいた

肉を買いに行こうと思った
買い置きのポークランチョンミートでという手もある
しかしやっぱりお肉いっぱいの
カレーを食べたいと思った
玉ねぎの鍋のレンジの火をとめて
お肉を買いに外に出た
マックスバリューへ向かった

まよって鶏肉を買った
豚肉とどちらにするか迷った
鶏肉だけ買って帰ろうと思ったのに
梨をひとつ買ってしまった
家に帰って鶏肉を切り
カレーづくりを続行した
カレーづくりを続行した

お肉がなければ買いにいく
気がついた時に行動すればいい
まずは欲望にまかせて
行動を開始すればいいと思う
そして足りないもがあったら
後から考えればいい
後から考えればいい

それがここでの生き方
煮込むこと20分
幸せまで20分