さしみ屋

詞・曲:頭慢

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
おまえの好きだった店

そんなことを今になって
おまえの友達から教えられた
知らなかったよおまえの事は
全て知ってるつもりだったのに

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
おまえの好きだった店

一緒に居た頃にあたしが
見ていたおまえは所詮
痩せたアタマの中で作った
おまえでしかなかったのかい

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
今日も店を閉ざしてた

遠い所で今頃きっと
おまえはさしみなんかつまんでさ
笑いながら島酒を飲み
楽しくやってることだろうね

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
今日も店を閉ざしてた

たどり着けない店
たどり着けないおまえの心

 

ヤギのお母さん

詞・曲:頭慢

わたしはヤギのお母さん
ヒゲが生えてるけどお母さん
娘は可愛い子ヤギです
娘はわたしに似て器量好し

わたしはヤギのお母さん
南の島に暮らしてます
太陽の光をいっぱい浴びて
娘と2人で暮らしてます

お父さんはもう居ないけど
娘は優しい飼い主さんが大好き

わたしはヤギのお母さん
草をいっぱい食べて太り気味
娘は可愛い子ヤギです
草をいっぱい食べて育ちます

今日は飼い主さんのお家で
なにやらお祝いごとがあるそうな

わたしはヤギのお母さん
娘のことをよろしくね
わたしはヤギのお母さん
後のことは頼みます

等しく雨の降る街で

詞・曲:頭慢

前線の通過は天気予報よりも少し早くて
駅前にはもう雨が降り出した
雨は僕の体にも敷き詰めた石の歩道にも
等しい数だけ水の粒を落としてゆく

僕たちはそれぞれの幸せを願ってはいるが
君の幸せの形を僕に押し付けるのは止めてくれ
今すべての人が賛成の手を挙げたとしても
その考えが決して正しい事とは限らない

しあわせだとか正しさに
ありもしない名前をつけて
名前覚えることで
世の中をわかったような気持になるの

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

今日の天気の気温と湿度と風向きの強さを
数字や記号で語ることにすっかり慣れてしまってる
五感で感じたことを言葉で確かめているなんて
きっとそこいらの野良猫にも笑われるような話さ

たとえ死ぬほど苦しくて
それでも変わろうとしないのは
同じであることが好きで
究極の数式に恋してるからなの

僕に降る雨も野良猫の上に降る雨も
みんなみんな同じ雨

みんなみんな同じ雨
Singin ih the rain・・・

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

函館のおやぢ

詞・曲:頭慢

函館のおやぢは俺にカニを売る
やけに熱心に俺にカニを売る

兄ちゃん知ってるかい タラバガニは足が少ないんだぜ
カニは脱皮する直前が 身が詰まっててうまいんだ
ほら、このカニみそ付けて食ってみ カニみそ苦手だってうまいというぜ
松前漬けはどうだい ほっけはどうだい

函館のおやぢは俺にカニを売る
やけに熱心に俺にカニを売る

やけに親切そうにおやぢは語るが
おやぢにしてみればそれが商売
でも確かにカニはうまかった

函館のおやぢは俺に寿司を握る
手慣れた手つきで俺に寿司を握る

兄ちゃん北海道ぢゃさ サバは寿司屋にないんだよ
函館ならイカだろう イカソウメンはどうだい
ウニは季節だよ 生タラバガニもぷりぷりさ
直ぐに登別へ行くのかい あっちは山の上だから気候が違うよ

函館のおやぢは俺に寿司を握る
手慣れた手つきで俺に寿司を握る

やけに親切そうにおやぢは語るが
おやぢにしてみればそれが商売
でも確かに寿司はうまかった

涙のさいたま新都心

詞・曲:頭慢

改札を抜ければ無駄に広いよなコンコース
ビル風吹きすさぶさいたま新都心
あなたと歩いた思い出たどり
夕暮れけやきひろばに来てみても
青いイルミネーションはもう無いの
ああ涙の
さいたま新都心

見上げれば横たわるガメラの甲羅を思わせる
スーパーアリーナの赤い光よ
あの日はあふれるほどの人の群れ
どうやら浜崎あゆみのコンサート
人混みの中にあなたを見失う
ああ涙の
さいたま新都心

コンコースをたどって北与野駅へと向かえば
肉球ぷにゅぷにゅの甘い香りがする
まるでわたしの心みたいに
駅前に広がる無駄な空き地は
スカイツリーに負けたタワーの用地
ああ涙の
さいたま新都心

葉音 - Sound of Leaf -

詞・曲:頭慢

君の欲しいものは本当に望むものなの
その欲望は誰かの手でつくられたものじゃない?
だけどひとはひとの模倣の中でしか生きられない
はるかはるかの昔から繰り返してきた営み

南からの風が海を集めて
北の街で降る雨が去った後で

街の木立の梢に残った一枚の枯葉が
風に震えるその音を聴け心を研ぎ澄まして

だけど君の欲しいものはきっと誰にもわからない
まだ見えないものは可能性の中でしか語れない
君の愛するひとが明日笑顔でいるために
今日を明日に、明日を明後日につなげてゆけたら

山の神はそっと地を震わせて
海の神がわずかに波を寄せる

祈りの声をいつかどこかの誰かに届けるために
鞄の中に何を残すかを選べる力を持て

街の木立の梢に残った一枚の枯葉が
風に震えるその音を聴け心を研ぎ澄まして
今の世界の梢に残った一枚の若葉の
遠い未来のその音を聴け心を研ぎ澄まして

君の愛するひとが明日笑顔でいるために

天使が空から落ちてきた

詞・曲:頭慢

昨日見た夢の中で
僕はあなたをだきしめた
ミルク色の白い服に
ひざまづき顔をうずめた

目を覚ました後で僕は
その余韻を確かめると
まるで忘れてたあなたを
夢に見た事に驚く

あなたのことを思い続けながら
静かに生きていくこともできたのに
それは不思議な偶然のように
天使が空から落ちてきた あの日

自分が天使だったこと
忘れてしまった天使と
僕はとらわれ人のように
枝分かれの道選んだ

昨日見た夢の中に
あなたがあらわれたわけは
選ばなかった未来も
幸せだったからだろう

ひとはなにかを選んで生きてく
取り返しのつかないことに気づかないまま
それは何かのたくらみのように
天使が空から落ちてきた

バナナのブルース

詞・曲:頭慢

あなたがくれた青いバナナ
いったいどういうつもりなのかしら
きみにあげた青いバナナ
黄色く熟れたら一緒に食べよう

たわわに実った情熱の果実
ひとつひとつが恋する若い二人の気持ち
バナナバナナとっても甘い
バナナバナナ南の島バナナ

あなたの愛を確かめたいのに
黄色くなるまでおあずけなのね
きみとの愛が熟れるまで待ち遠しい
熟れ過ぎたなら冷蔵庫で冷やして

カリウムいっぱいカロリー少なめ
実ひとつ世ひとつ健やかに若い二人の未来
バナナバナナ少小さい
バナナバナナ南の島バナナ


マージナル

詞・曲:頭慢

週末に台風が近づくという
僕はいつものように海に来ている
海は穏やかでもなく荒れているでもなく
中途半端にいるのはいつものこと
中途半端にいるのはいつものこと

気が付けば いつも波打ち際
そして・・いつも 迷っている

少し前に東京に行ったんだ
平日の朝の東京で僕はエトランゼ
それは単に誰かとの違いだけかも知れないけれど
歩調を変えて歩いてみたんだ
ゆっくりと歩いてみたんだ

気が付けば いつも境界線
そして・・いつも 迷っている

君と過ごすささやかな暮らしの中で
僕はまるでいつも第三者のよう
とつぜん真面目な顔をして君が聞いた
人間は自然の中にいるのかしら
人間は自然の外にいるのかな

気が付けば いつも境界線
そして・・いつも 迷っている
いつも 迷っている
いつも 波打ち際
いつも 迷っている

お元気でしたか

詞・曲:頭慢

やあ みなさん お元気でしたか
ぼくが南の島に引っ越して2年半
まだ 2年半な気もするし
東京に居たのはもう昔のようでもあります

やあ みなさん お元気でしたか
全てのことは引っ越してから考えると
なんとかなるでしょと
引っ越したそのあとはまあなんとかなっています

南の島では海ばかり見ています
なにをするでもなく海ばかり見ています
そうしてだんだん海に近い自分に
なれたらなんて思ってます

やあ みなさん お元気でしたか
僕の暮らしはネットで語ったりもしてますが
楽しいことばかりじゃないけど
もう少し生きていてもいいみたいです

南の島では海ばかり見ています
なにをするでもなく海ばかり見ています
そうしてだんだん海に近い自分に
なれたらなんて思ってます

ゆらぎの彼女

詞・曲:頭慢

あの子が防波堤の上で
踊るダンスを見たことがあるかい
誰だってそれに見惚れて
現実と非現実のゆらぎにゆれてしまうよ

近づいたら分からない
地図で見た海岸線は
波打ち際の寄せる波
彼女に近づいたら彼女のことはわからない

南の島の海へ行ったら
サンゴの海で泳ぐのは後にして
彼女の姿を探してごらん

彼女のダンス 防波堤のダンス
ゆらぎのダンス 潮風にダンス
彼女のダンス 波しぶきダンス
サンゴのダンス 貝殻のダンス

あの子の噂話を
誰かに聞いたことがあるかい
地球で一人きりになっても
誰かに見せるために踊り続けるだろう

ゆらぎでできた世界
粒子と波動の二重生活
存在は確率でしかわからない
鼓動は頸動脈と肺と腎臓でゆらいでる

南の島の海へ行ったら
イグアナを見つけるのは後にして
サイダーのような衣装を探してごらん

彼女のダンス 砂浜のダンス
ゆらぎのダンス 海鳴りのダンス
彼女のダンス さざ波のダンス
リーフのダンス 紺碧のダンス