さしみ屋

詞・曲:頭慢

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
おまえの好きだった店

そんなことを今になって
おまえの友達から教えられた
知らなかったよおまえの事は
全て知ってるつもりだったのに

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
おまえの好きだった店

一緒に居た頃にあたしが
見ていたおまえは所詮
痩せたアタマの中で作った
おまえでしかなかったのかい

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
今日も店を閉ざしてた

遠い所で今頃きっと
おまえはさしみなんかつまんでさ
笑いながら島酒を飲み
楽しくやってることだろうね

かみやーき小の並びにある
星野商店の隣にある
看板の無いさしみ屋が
今日も店を閉ざしてた

たどり着けない店
たどり着けないおまえの心

 

ヤギのお母さん

詞・曲:頭慢

わたしはヤギのお母さん
ヒゲが生えてるけどお母さん
娘は可愛い子ヤギです
娘はわたしに似て器量好し

わたしはヤギのお母さん
南の島に暮らしてます
太陽の光をいっぱい浴びて
娘と2人で暮らしてます

お父さんはもう居ないけど
娘は優しい飼い主さんが大好き

わたしはヤギのお母さん
草をいっぱい食べて太り気味
娘は可愛い子ヤギです
草をいっぱい食べて育ちます

今日は飼い主さんのお家で
なにやらお祝いごとがあるそうな

わたしはヤギのお母さん
娘のことをよろしくね
わたしはヤギのお母さん
後のことは頼みます

等しく雨の降る街で

詞・曲:頭慢

前線の通過は天気予報よりも少し早くて
駅前にはもう雨が降り出した
雨は僕の体にも敷き詰めた石の歩道にも
等しい数だけ水の粒を落としてゆく

僕たちはそれぞれの幸せを願ってはいるが
君の幸せの形を僕に押し付けるのは止めてくれ
今すべての人が賛成の手を挙げたとしても
その考えが決して正しい事とは限らない

しあわせだとか正しさに
ありもしない名前をつけて
名前覚えることで
世の中をわかったような気持になるの

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

今日の天気の気温と湿度と風向きの強さを
数字や記号で語ることにすっかり慣れてしまってる
五感で感じたことを言葉で確かめているなんて
きっとそこいらの野良猫にも笑われるような話さ

たとえ死ぬほど苦しくて
それでも変わろうとしないのは
同じであることが好きで
究極の数式に恋してるからなの

僕に降る雨も野良猫の上に降る雨も
みんなみんな同じ雨

みんなみんな同じ雨
Singin ih the rain・・・

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

函館のおやぢ

詞・曲:頭慢

函館のおやぢは俺にカニを売る
やけに熱心に俺にカニを売る

兄ちゃん知ってるかい タラバガニは足が少ないんだぜ
カニは脱皮する直前が 身が詰まっててうまいんだ
ほら、このカニみそ付けて食ってみ カニみそ苦手だってうまいというぜ
松前漬けはどうだい ほっけはどうだい

函館のおやぢは俺にカニを売る
やけに熱心に俺にカニを売る

やけに親切そうにおやぢは語るが
おやぢにしてみればそれが商売
でも確かにカニはうまかった

函館のおやぢは俺に寿司を握る
手慣れた手つきで俺に寿司を握る

兄ちゃん北海道ぢゃさ サバは寿司屋にないんだよ
函館ならイカだろう イカソウメンはどうだい
ウニは季節だよ 生タラバガニもぷりぷりさ
直ぐに登別へ行くのかい あっちは山の上だから気候が違うよ

函館のおやぢは俺に寿司を握る
手慣れた手つきで俺に寿司を握る

やけに親切そうにおやぢは語るが
おやぢにしてみればそれが商売
でも確かに寿司はうまかった

涙のさいたま新都心

詞・曲:頭慢

改札を抜ければ無駄に広いよなコンコース
ビル風吹きすさぶさいたま新都心
あなたと歩いた思い出たどり
夕暮れけやきひろばに来てみても
青いイルミネーションはもう無いの
ああ涙の
さいたま新都心

見上げれば横たわるガメラの甲羅を思わせる
スーパーアリーナの赤い光よ
あの日はあふれるほどの人の群れ
どうやら浜崎あゆみのコンサート
人混みの中にあなたを見失う
ああ涙の
さいたま新都心

コンコースをたどって北与野駅へと向かえば
肉球ぷにゅぷにゅの甘い香りがする
まるでわたしの心みたいに
駅前に広がる無駄な空き地は
スカイツリーに負けたタワーの用地
ああ涙の
さいたま新都心

葉音 - Sound of Leaf -

詞・曲:頭慢

君の欲しいものは本当に望むものなの
その欲望は誰かの手でつくられたものじゃない?
だけどひとはひとの模倣の中でしか生きられない
はるかはるかの昔から繰り返してきた営み

南からの風が海を集めて
北の街で降る雨が去った後で

街の木立の梢に残った一枚の枯葉が
風に震えるその音を聴け心を研ぎ澄まして

だけど君の欲しいものはきっと誰にもわからない
まだ見えないものは可能性の中でしか語れない
君の愛するひとが明日笑顔でいるために
今日を明日に、明日を明後日につなげてゆけたら

山の神はそっと地を震わせて
海の神がわずかに波を寄せる

祈りの声をいつかどこかの誰かに届けるために
鞄の中に何を残すかを選べる力を持て

街の木立の梢に残った一枚の枯葉が
風に震えるその音を聴け心を研ぎ澄まして
今の世界の梢に残った一枚の若葉の
遠い未来のその音を聴け心を研ぎ澄まして

君の愛するひとが明日笑顔でいるために

新しい物語

詞・曲:頭慢

子供の頃の将来と
今の自分の将来に
違いなんてない 子供の頃に見た
夢だってもう一度見てもいい

でも必ず夢を見なくていい
見なくちゃいけない夢はない
向かう場所なんて 決めなくていい
あの水平線を 目指せばいい

昔のことは今の自分が作った
新しい物語
これからのことも今が一頁目の
新しい物語

忘れたはずの遠い思い出が
眠れない闇に引き込む
だけど記憶は決してクロニクルじゃない
机の奥にしまった貝殻

昔のことは今の自分が作った
新しい物語
これからのことも今が一頁目の
新しい物語

時間の流れを語ろうと

作詞・曲:頭慢

時間が流れているだなんて
誰が発明したことだろう
時間が流れているのなら
僕は何かに流されている

時間の流れのその中に
海の波は寄せてるのだろうか
時間の流れのその中で
しましまの魚は生きてるのだろか

時間はいつか点のようになって
この世の終わりがくるのだろうか
終わりの無い輪廻に終わりが来て
そしてたましいは安らぐのだろうか

時間の流れは誰のもの
あなたと僕と猫の時間がある
時間の流れはそれぞれに
自分の時間を生きている

時間の流れをつかまえて
僕は時々シャッターを切る
時間の流れを語ろうと
こうして歌を歌っている

時間はかつて点の中に始まり
宇宙のひろがりは加速をする
心臓の鼓動の数が決められていようと
いつもたましいは宇宙によりそう

時間の流れを語ろうと
こうして歌を歌っている
歌っている僕も流れの中
歌っている僕も流れている
そして歌も流れている
それを聞いてる人も流れている

Fuseな時代

詞・曲:頭慢

歩んできた道はみんな違って
それぞれが別々の世界に生きてきた
同じ世代とか同じジェンダーとか
思い込みの共通に笑ったり泣いたり

・・いやそれでもいいじゃない
そんな時間ならいいんじゃない

大きな丸いテーブルとあかりの入るガラス壁
同じ食べ物を食べながら同じ歌を歌おうよ
Fuseな時間を分かち合えたらいいね
Fuseな時間を分かち合えたらいいね

時代はいつしかみんながオリジナル
ひとりひとりであることをありがたがるの
そのくせ自分以外が変わることを
同じであれとわがままに泣いたり怒ったり

・・まあそれでもいいじゃない
そんな時代でもいいんじゃない

はじめて扉開けた日に笑顔でおかえりなさい
ひさしぶりの友達をいきなり呼び出したくなる
Fuseな時代がきっとそこにあったね
Fuseな時代がきっとそこにあったね

おなじものとちがうものを気持ちの中でこしらえて
憎しみ合い争うしかできないのかな
Fuseな時間を分かち合えたらいいね
Fuseな時間を分かち合えたらいいね

タコライス

詞:頭慢 + 蓮見季人

タコライス タコライス
タコは入ってないタコライス
タコは入ってないタコライス

タコライス タコライス
タコスの具をライスにのせてタコライス
だったら本当はタコスライス

タコスライス タコスライス
タコを切ったらタコスライス
タコの酢の物タコスライス

タコライス タコライス
タコを入れたらタコタコライス
タコを抜いたらタコライス

タコライス タコライス
タコラの椅子はタコライス
タコラというのはくれくれタコラ
なんでも欲しがるくれくれタコラ

選ばなかった未来へ

詞・曲:頭慢

明け方に見た夢の中で あの時さよならをしたあの人が
知らない街で 誰かの後ろ姿を見送っていた

日々はなにかを選ぶことの いつもいつもいつもその繰り返し
そうして選ばなかった世界がまたひとつできあがる

でももしかしたら様々な未来は人の心の奥にあって
いま目の前にひろがる海はただひとつの海かも知れないなんて
それならば息を止めてこの海に心の全てゆだねれば
別の世界に住む僕やあなたと ふと出会えるかも知れないなんて

選ばなかった未来に 今存在している僕よ
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか

あの日からあなたは知らない 僕があなたの知らない誰かと
ふるさとを離れてこんな場所に暮らしていることも

同じように僕は知らない 違う道を選んだ僕が
別の世界のどこかであなたと一緒になっていることも

選ばなかった未来に 今存在している僕よ
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか

きっと世界中の人の心の奥は深い場所でつながってて
僕の全然知らない世界も 時空をこえてつながってて
それならばこころの海の奥をどこまでもたどってゆけば
別の世界に住む僕やあなたとまた出会うかも知れないねなんて

選ばなかった未来の 今日の天気はどうですか
今はめぐりあうことも無いけど また今日も一日 好い日でありますように

選択は決して自分の将来を決めることではなくて
限りない多重世界をまたひとつ生成してゆくこと
その世界に新たな 意思を持って生きるとき
周囲の世界は新たな 意思と共に 生まれる
そして大丈夫あなたが 選ばなかった世界も
ちゃんと存在していてあの子もそこで暮らしているから

選ばなかった未来の 今日の天気はどうですか
あなたの暮らしはどうですか 僕と同じくらいに幸せに生きてますか