南の島に雪が降る

詞・曲:頭慢

窓ガラスの向こうに冬の雨
ぼんやり遠くを見てる
赤瓦の下月桃の葉に
雫が落ちてゆれてる

どうしてだろうふいに昔の
記憶がよみがえる
それは私が生まれ育った
山並みに囲まれた町

あなたと初めて 手と手つないで
歩いた初市の日の
帰り道に降り始めた雪が
記憶の中でゆれてる

思い出はもう幻になる
だんだん幻に
窓の向こうの景色もいつか
幻のように見えてくる

今はこの島に暮らして
自分の居場所も見つけたけど
変わらないもの

窓の向こうは幻になる
幻を重ねて
幻の中あの人とまた
めぐり合いたい
幻の中南の島に
南の島に雪が降る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です