雨の川平湾

詞・曲:頭慢

グラスボートのガラス越し
海の底に眠る未来は
魚たちが行き交う向こうに
今は手が届かない

なるようになるさと生きてきた僕と
理由のないことのできない君は
こんなとこで暮らしたいと
言った僕を笑うだけ

最低の結末は迎えたくはないから
君を連れ南の島に来て
違う場所からの三角測量

ヨーンの道を抜けて
日の当たる場所へ行きたかったのに
マレビトに優しくない
雨の川平湾

僕らの重ならない波動は
電波望遠鏡から発射されて
厚い雲の向こう側
ダークマターに吸い込まれる

僕らが住む街では季節外れの青いシャツが
雨の中で風に吹かれて
それがとてもとても似合っているよ

強い風に耳を
塞がれて勘違いをしてるのか
行き詰った二人の目に
雨の川平湾

ヨーンの道を抜けて
日の当たる場所へ行きたかったのに
マレビトに優しくない
雨の川平湾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です