等しく雨の降る街で

詞・曲:頭慢

前線の通過は天気予報よりも少し早くて
駅前にはもう雨が降り出した
雨は僕の体にも敷き詰めた石の歩道にも
等しい数だけ水の粒を落としてゆく

僕たちはそれぞれの幸せを願ってはいるが
君の幸せの形を僕に押し付けるのは止めてくれ
今すべての人が賛成の手を挙げたとしても
その考えが決して正しい事とは限らない

しあわせだとか正しさに
ありもしない名前をつけて
名前覚えることで
世の中をわかったような気持になるの

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

今日の天気の気温と湿度と風向きの強さを
数字や記号で語ることにすっかり慣れてしまってる
五感で感じたことを言葉で確かめているなんて
きっとそこいらの野良猫にも笑われるような話さ

たとえ死ぬほど苦しくて
それでも変わろうとしないのは
同じであることが好きで
究極の数式に恋してるからなの

僕に降る雨も野良猫の上に降る雨も
みんなみんな同じ雨

みんなみんな同じ雨
Singin ih the rain・・・

僕に降る雨もあの人の傘に降る雨も
みんなみんな同じ雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です