神様は選べない

詞・曲:頭慢

17歳の君が両手に頬を預けて
「私たちの将来はどうなっちゃうのかな」って言う
17歳の君は薄日のあたる部屋で
後ろ姿の肩は少し震えている気がした

「だってテレビやネットでは暗いニュースばかり流れて
異常気象や災害がまるで明日にも訪れるかのよう」

僕は黙ってただ君のことを
抱きしめる そしてこう言うよ
「ダイジョウブ 」そして君にかけられた
呪いが早く解けるように祈るよ

17歳の君が心の奥底にある
神様をみつけてそれを信じてくれればと思う
思い出してごらん昨日の帰り道で
立ち寄った神社の御神籤は大吉だったじゃない

「だってテレビやネットでは不安を煽り立てるばかり
格差社会や争いがまるで目の前に迫ってるかのよう」

僕は黙ってただ君のことを
抱きしめる そしてこう言うよ
「ダイジョウブ 」そして君の未来は
想像より無限にある事を伝えたい

17歳の君を陥れようとしてる
異教徒たちの欲望を僕は許さない
昨日届いたニュースさ はるか宇宙の彼方
冥王星に人工衛星が近づいたってね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です