シュレーディンガーの猫

詞・曲:頭慢

たぶんね たぶんね たぶんね きっとね あなたがいつも
大切にしてる かけがえない自分のアイデンティティなんて
思い込みだけのもの本当はみんな同じ
心の奥ではすべてが繋がってる

晴れた日の午後には世界征服しよう
ひとのこころの向こう側にあるマンダラを解いたなら
僕は無敵にになるあなただってそうさ
口笛吹いて街を歩けば世界征服は近い

それはね たまたま たまたま たまたま 偶然なこと
自分を自分と思っているのは 偶然なこと
おおいなる世界からの吹く風を受け止める
水面のような一瞬のことが自分

晴れた日の午後には世界征服しよう
ひとや全てのものを包み込む理に気づいたら
僕は無敵にになるあなただってそうさ
おなかがすいて家に帰れば世界征服は近い

シュレーディンガーの猫の話を知っているかい
箱の中の猫が死んでるか生きているかは この僕が決められる

晴れた日の午後には世界征服しよう
ひとのこころの向こう側にあるマンダラを解いたなら
僕は無敵にになるあなただってそうさ
口笛吹いて街を歩けば世界征服は近い

広い宇宙を動かしている猫と一つになれるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です