アオイミズウミ

詞・曲:頭慢

白樺の遊歩道をあなたの後を辿って歩く
あなたの歩く早さに合わせて私は歩く
風の音だけが聞こえて
風の冷たさだけを感じる

ああ そして二人が辿り着いたのは
青い水をたたえた美しい湖
そして二人が辿り着いたのは
哀しいくらい美しい湖

あなたの為にしたことが報われないこともある
そんな役に立たないおもいやりは水に溶かしてしまおう
日が暮れまでには少し
二人の時間があるから

水の青い色は毒が溶け込んだ青
魚さえも住めない美しい湖
青い色は毒が溶け込んだ青
湖に立つ枯れた白樺の木々

ああ そして二人が辿り着いたのは
青い水をたたえた美しい湖
そして二人が辿り着いたのは
哀しいくらい美しい湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です