あたえられしものを

詞・曲:頭慢

僕が僕であることを僕はいつから気づいたろう
僕が僕である前からこの身体は生きていた

この身体は僕のものじゃない
ほんの刹那の間の仮住まい
山や河や海を愛するように
この身体を殺すことはできない

僕が僕であることを僕はいつから気づいたろう
僕が僕である前からこの身体は生きていた

遠く見ず知らずの国の戦に
心痛めるのはなぜだろう
花の美しさを虫たちと
共感できるのはなぜだろう

僕が僕であることが僕の枠から外に出て
君が君であることも包み込んでひとつになる

遺伝子の中組み込まれた
さまざまな生き物のメッセージ
月や惑星の引力のような
小さな力にさえ動かされてる

僕が僕であることを僕はいつかは失くせるだろう
この世界を包み込む大きな意識とひとつになる
僕が僕であることを僕はいつから気づいたろう
僕が僕である前からこの身体は生きていた

あたえられしものを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です