2018.8.11 たかしの店18

頭慢(とーまん)弾き語りワンマンライブ inたかしの店 第18回
2018.8.11

●第1部
1.函館のおやぢ
2.サマーコンサート
3.すてきな夏休み
4.すてきな夏休み PartⅢ
5.その時、僕は
6.標本

●第2部
7.ヤギのお母さん
8.さよならメゾンココナッツ
9.あの頃の与野ハウス
10.涙のさいたま新都心
11.等しく雨の降る街で
12.さしみ屋

●ライブの記録 ブログ
http://20f.jugem.cc/?eid=428


●しゅうぞう君の感想
・函館のオヤジ

この歌詞世界は俺にとっては久保田早紀の「異邦人」に通じるものがある。
・サマーコンサート
いいメロディーだなぁ。頭サビでドミナント始まりは決め技だね。俺もやってみようかな。2コーラス終わりに入れたコード面白いね。何だろう?今までは入ってなかったよね。
・夏休みⅡ
前にも書いたけど前奏カッコイイ。このコードで曲創りたいな。素朴な疑問だけど、Part1~○という作品群がいくつかあるけど、創った時期は重なっているのかな?それとも同じテーマや舞台設定で創っている時期はズレるのかな?
・その時僕は
いい曲じゃない。初めて聴いた気がするんだが・・・ただ、この曲をお客さんと掛け合いにしようとするのはちょっと冒険だね。
・標本
けっこうオシャレな歌だね。都会のビル群が頭の中に浮かんだ。
・ヤギのお母さん
やはり視聴率良さそうだね。固定客をガッチリつかんだ感じ。間奏カッコイイ。突然寒色にガラッと変わった感じで。
・与野ハウス
さわやかなメロだねぇ。石垣に行ってからは演ってなかったんだっけ?後奏がイイ。俺はそういうとこまったく無頓着にやってるんだけど、神経が行き届いている。当たり前なんだろうけど。
・さいたま新都心
とーまんがこの曲を演ると、やはり笑っちゃう。「こぶし」もっと強めでもいいんじゃない?
・等しく
そうかぁ。そんなことを歌っているのか。再発見。「言葉」と「言葉ではないもの」どっちが先にあるのか。最近またわからなくなった。
・さしみ屋
映像の切り替えポイントは譜面の方に書いてあるのか?映像のバックアップは無いはずたよな。すごい!俺にはできない。やったらすごい顔になって、凝視してリズムも狂ったりするんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です